数年前の1月の話です。
 15年以上前に家を新築した時に設置した床暖房の基幹部分が突然故障してしまったことがあります。業者の方に見ていただいたところ、基幹部分を交換した方が良いとのお話でした。

 ちょうど、その年の1月末から2月上旬には子どもの中学受験の予定がありました。中学受験前の1年間は毎月の塾の費用や、夏季合宿講座の費用、冬季講座の費用、直前講座の費用、受験専門の家庭教師の費用などとても費用がかかりました。もちろん、4〜5校分の受験費用、合格後すぐに支払う入学金の準備もしなくてはなりません。

 しかしこの寒い時期に風邪など引かせられません。ちょうどインフルエンザも流行していました。かなり費用がかかりましたが、すぐ床暖房の基幹部分の交換の工事をしていただきました。しかし予定外の急な出費だったためにその年の2月はお金が足りず、お金を借りる必要が出てきました。この月は銀行系のクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りることができ、ホッとしました。

 おかげで無事子どもの受験は合格することができました。今ではお金 借りる 学生も可能なようです。

 最近、交通系の電子マネーにお金を入れておき、その電子マネーを使って買い物をすることに私はハマっています。

今までは何となく現金決済が良いような気がしていたので、電子マネーは電車に乗るときだけしか使っていなかったのですが、あるとき友人が駅の売店で電子マネーを使って飲み物を買っているのを見たときにちょっとカッコイイなと思い、それがきっかけで私も使ってみることにしました。

私が使ったのは、おにぎり3個を買うために立ち寄ったコンビニのミニストップです。レジで少し緊張しながら「電子マネーで払います」と言うと、店員さんがカードリーダーを差し出したので、私はピッと電子マネーで決済をしました。

他人からすれば何てことのないことですが、初めて電子マネーで買い物ができたので、何だかちょっと嬉しかったです。